【Win11】PCがWindows11に対応しているか、確認する方法

ついにWindows11がMicrosoftから発表されました

新しい Windows 11 OS へのアップグレード | Microsoft
新しく登場する Windows 11 の概要と、リリースまでに準備する方法をご覧ください。新機能について知り、互換性をチェックして、最新の Windows OS へのアップグレード方法をご確認ください。

新しいOSが発表されたときに一番面倒なのは、そう。「移行」です。
スムーズに移行するために、PCがWindows11に対応しているか、確認する方法をまとめました。

MSのホームページからソフトを入れて実行するだけ

まず、MicrosoftのWindows11に関するページに飛びます。

新しい Windows 11 OS へのアップグレード | Microsoft
新しく登場する Windows 11 の概要と、リリースまでに準備する方法をご覧ください。新機能について知り、互換性をチェックして、最新の Windows OS へのアップグレード方法をご確認ください。

スクロールしていくと、「リリースに向けて」という項目があります。

「互換性の確認」の下にある「アプリをダウンロード」という項目を選択します。

WindowsPCHealthCheckSetup.msi」というアプリケーションをダウンロードできるので、インストールして実行します。

起動すると以下のような画面になります。

「Windows11を導入しています」というブロックの中の「今すぐチェック」をクリックします。

対応している場合は、上記のような表示になるはずです。
以上が、PCがWindows11に対応しているかどうかを確認する方法です。

対応していないと表示される場合

上記のツイートのように、対応していないと表示される場合は、必要要件を満たしていない可能性があります。

必要要件は以下の通りです。

プロセッサ1 ギガヘルツ (GHz) 以上で 2 コア以上の64 ビット互換プロセッサまたは System on a Chip (SoC)
RAM4 ギガバイト (GB)
ストレージ64 GB 以上の記憶装置
システム ファームウェアUEFI、セキュア ブート対応
TPMトラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) バージョン 2.0
グラフィックス カードDirectX 12 以上 (WDDM 2.0 ドライバー) に対応
ディスプレイ対角サイズ 9 インチ以上で 8 ビット カラーの高解像度 (720p) ディスプレイ
参考: https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-11-specifications

Twitterの観測範囲では、対応していない場合TPMの要件を満たしていないことが原因である人を多く見かけました(あくまで観測範囲内ですが)。

TPM ver2.0というのは、高度な暗号処理を実現するためのチップだそうで、IntelならHaswell世代およびClover Trail以降の世代に、AMDならMullins/Beema/Carrizo世代で実装されている(PCWatch)とのことです。

他にも、画面サイズに関する要件があったり(視認性の問題で、実際に動作はする?)と、安定しない情報も多いですが、現状はこのようになっているようです。

より詳しい情報は、Microsoftの公式サイト

Windows 11 の仕様 - Microsoft
Windows 11 の仕様と機能の概要を Microsoft で確認してください。Windows 11 コンピューターの要件とさらに役立つ情報をご覧ください。

を参照していただけると、わかりやすいと思います。

以上。

コメント

タイトルとURLをコピーしました